Biotope lifeナチュロパシー

こんにちは、自然療法や東洋医学、薬膳など日々の健康法や予防についてのブログです。私の経験や知恵がお役に立てれば幸いです。

西洋医学と東洋医学のバランス

こんにちは


本日はお休みの方も多くいらっしゃるかと思います


私は菊花せんこうを買いに出かけてきましたが

シーズンオフで無いとの事で購入出来ずでしたよ。


菊花せんこうは除虫菊を原料にした線香で、蚊を殺すのでは無く蚊の嫌いなハーブの香りで蚊を寄せ付けません。


有害な物が入って居ませんから安心して利用出来ます


虫が死ぬ物は人にも害が有るかも知れませんから氣を付けています



現代では西洋医学が主流となり、何か有ればお医者さんに行かれる方も多いかと思います。


では西洋医学って何でしょうか??


西洋医学は元々は戦場で産まれた医学になります


戦場では、怪我をする方がどんなに多かった事か…

怪我どころでは有りません

命に関わる大怪我をしていたのです


そんな時は西洋医学がとても役に立ちました。


例えば、大量に出血をした

早く止血をしなければならない


縫合しなければ大変な事になる


痛くて、苦しい、痛みを和らげ無ければいけない


菌に感染して命が危ない


など


そうです!

現代の救急と同じ感じがしますね


急遽手当てをしなければ命に関わるなどの時は、西洋医学はとても活躍すると思います


その代わり

風邪を引いた、精神が病んでいる、アトピー、糖尿病、慢性疾患、癌などなどには強いとは言えません


私は

救急救命士さんがもう少し多くいらっしゃればと思うのですが


とても大変なお仕事だと思います



では?

東洋医学とは?


東洋医学は完治療法とも言えますが、世間一般的には理解されていないのでは無いでしょうか?


漢方や鍼灸、薬膳など中医学や伝統医療などで


東洋医学は心と身体を別の物として考えず、全て繋がっていると考えます。


なので

西洋医学では有る

内科、眼科、胃腸科、精神科などの様に分かれていません


例えばなのですが

肝臓が悪くても目の調子は悪くなりますしこむら返りや肩こりも起きますし、怒りっぽい、イライラなども起きる事が有ります


例えば

目だけ治療しても、肝臓の調子が整っていないままであれば完治に至りません。

また、そこには感情の滞りやエネルギーの巡りまで関わって来ます


アトピーの方が、皮膚だけを治療しようとしても完治は出来ません


アトピーの方は肺が弱っており、そこには腸の調子や感情の滞りなども関係してきますし、食事の見直しやデトックスも必要となります


全体的に見て、心と身体の根本部分を改善していくものです


その代わり救急ではあまり役に立つとは思えません




西洋医学が主流ですから、西洋医学を頼る方が多すぎると感じます……

薬を飲めば治ると思っている方が多いと思いますが、薬は心身を治してくれません


自分の心身の問題は他人任せにして「治して下さい」と言う物では無くて


自分の自然治癒力が治す物で有り、お医者さんや鍼灸師さんやセラピストはお手伝いをするだけの者になります


良くならなくても


それは自己責任と言う事にもなりますし、劇的に回復される方は自分の症状についてそれなりに学び、自分で治していく氣持ちを持たれている感じがします。


私達は皆様の心身の状態を治すのでは無くて、あくまでも補助やお手伝いやアドバイスや知恵の分かち合いをする事しか出来ないのです


頼り切るのではなくて、元氣になる為にお手伝いして貰うといった感じです


伝わりますでしょうか?


話は戻ります

西洋医学も東洋医学もどちらともメリットとデメリットがあります


どの様に使い分けるかは皆様次第になります



本日も最後まで有り難う御座いました


良い休日をお過ごし下さいませ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。